記憶します

書き残しておきたいことを書きます。

スマバト for THE BIG HOUSE レポート 前半

7月30,31日に開催された「スマバト for THE BIG HOUSE」のレポートです。
長くなったので前半と後半にレポートを分けました。
こちらは前半です。
 
 
 
九州の方から遠征して行きました。去年の夏に行われた「ハイパースマバト」以来の遠征です。
実は去年、ハイパースマバトのオフレポを書くのを断念してしまい、その反省として、今回は帰ってきた日に書くようにしました。
相変わらず読みづらいレポートですが、御時間があれば是非読んでください。
 
 
 
 
 
7月28日(木)夜
 
夜行バスを使って大阪に行きました。去年の遠征も夜行バスだったのですが、喉がとても乾き、首もこって大変でした。
なので今回は反省を活かして、マスクで喉を保護し、旅行用枕を持っていきました。
去年も枕を持っていきましたが、空気入れタイプの枕で上手く空気が入らず、結局使えませんでした。今回はそのまま使える枕でした。
 
結果的に少し寝ることができ、喉もひどく渇くことがなかったですが、やはり首はこりました。辛かった。
 
 
 
7月29日(金)
 

 

バスを降りて、すぐにお泊り先であるリーマ宅に向かいました。
人々の流れが速くて疲れたり、京橋駅での乗り換えがよく分からず戸惑いもしましたが、何とかリーマ宅に到着。

f:id:hitomozisa:20160813214724j:plain

朝の京阪駅の様子。
人が多く、ほとんどの人が歩きっぱなしで、流れについていくのがキツかった。

 

朝早くから来たのは自分だけだったので、暇になりました。リーマさんとフリー対戦したり、少しだけ寝させてもらったりして時間潰し。
 
目が覚めてから、リーマ宅メンバーの一人である「ハヤト。」さんをリーマさんと共に迎えに行きました。
迎えに行ったのですが、駅に着いたときに、財布をリーマ宅に忘れたことが判明。
申し訳なかったのですが、宅に戻るまでリーマさんに払ってもらいました。
 
その後、「東大」というラーメン店で昼食。超美味かった。
これまたリーマ宅メンバーの「まっつん」くんを待つ為に、ゲーセンに行きました。
財布忘れたから何も出来なかったけども、ホラー系ガンシューティングをした二人の反応が面白かったので、よしとします。
 
まっつんくんがリーマ宅最寄駅向かうことになったので、リーマ宅に戻ってきました。
ここいらの記憶が曖昧なので省略します。
 
夕食は隠れ家のような居酒屋に行きました。750円で串カツ3本唐揚げ3個定食というコスパが良い店で、しかも美味かったです。
リーマさんとハヤト。さんにどっちが強いのかについて聞いたら、漫画でアニメあるようないがみ合い会話が発生して面白かった。
喧嘩するほど仲が良い。
 
帰ってきたら人が増えてた。ちょっとフリーしてたら九州勢がやってきた。
九州勢が来た途端にとても騒がしくなった。なんちゃんがデカすぎる。
 
メンバーが揃ったので銭湯へ。自分が入念に身体洗ってたら、いつの間にか他の皆が水風呂に入ってた。
風呂に入ったら自分の姿を見て、誰かが「銭湯にいるおじいちゃんみたい」って言った。誰が言ったんだ。
上がった後も、銭湯に置いてあった週刊マガジンを読んだり、リーマさんがマガジンに載ってる漫画について熱く語り始めたりして楽しかった。
 
もう疲れてたので、帰ったら一足先に寝ました。ぐっすり寝てたらしい。
 
 
 
 
 
7月30日(土)
 
起床したら他の皆はもう起きてた。すでにスマブラしていたけど、ちゃんと眠れたんだろうか。
長い時間を経て、住道まで移動しました。移動中にメンバーが増えてることに気づき、誰かと思ったらtaranitoさんでした
Xの頃から対戦してた人に会えた・・・
会場に行く前に気合を入れる為、コンビニで一年ぶりにモンエナ買いました。
 
会場に着いたら、まだ受付準備が出来てない状態でした。自分は去年のハイパースマバトと同じ部屋でやると思ってたので、少し驚きました。
ハイパースマバトの時より狭かったけど、それでも広かったです。
モンエナ飲んで気合入れをしたら、一気に飲みすぎたのか心臓辺りが少し締めつけられるような痛みが生じました。
 
受付を済ませたら、名札に名前書いてた「ほぉりぃ」さんに挨拶をして、早速フリーをしました。
 
挨拶やフリーをして回ってたら、Xの頃からの身内である「つま」さんや「ソプモ」さんに会いました。
taranitoさんも呼んで、今回のスマバトに来てる身内勢4人が揃いました。感激。
そして4人乱闘をしました。オンラインでやってることですが、オフだとさらに面白くなる。

f:id:hitomozisa:20160813215103j:plain

自分の名前に合わせたのか、皆1文字のキーコンを作り始めました。
1文字でも、それぞれ誰なのか分かるの面白い。

残念ながら、乱闘中に主催者の挨拶アナウンスがかかったので一回しか出来ませんでしたが、夜にじっくり乱闘できたので満足。
 
 
 
挨拶も終わり、少しフリーをした後に本選が開始されました。
 
 
本選結果(敬称略)
全てマックを出しました。試合内容は詳しく覚えてないので、曖昧な文が多いです。
 
 
 
 
 
勝者側1回戦 りん フィットレ 〇〇
 
フィットレンジャー緑でお馴染みのりんさんです。トナメ表出たとき、りんさん相手にどう立ち回るか悩んでました。
 
じゃんけんに負けて終点拒否されたので、フィットレ相手に選ばせてはならないステージである、すま村と村と街を拒否しました。
選ばれたのは戦場。一戦目はかなりあっさりと勝てました。りんさん本人も言ってましたが、あまり調子が出てないように見えた。
 
二戦目はダックハントを拒否しました。このステージ拒否しないと台上で待たれて死ぬ。てっきりすま村が選ばれると思いきや、戦場を選択してきてびっくり。
2ストック目、%に差をつけられ、タイムアップ狙いの台上ガン待ちをしてきました。台上待ちをどう崩すかが、マック使いの腕の見せ所ですね。
中々崩せず、残り1分に差し掛かったところ、台上で弱上Bをしたら、ホカホカ補正と台上から上Bをしたことが噛み合ったのか、87%ぐらいでバーストしました。
タイムアップ狙いの待ちを相手にするのは疲れますね。普段より集中し続けなければならないので。
 
夕方のフリーのときに調子が出てきたと言ってきたので相手したら、負けました。この状態のりんさんと当たらなくてよかった。
 
 
 
勝者側2回戦 チャートやつ マリオ 〇〇
 
リーマ宅メンバーで移動中に音ゲーの話してました。ボルテで勝負したら確実に勝てるのにな~と思いながら勝負しました。
対マリオは煮詰まってないのですが、マックはマリオに対しては有利を取れることもあり、勝てました。
 
後にルリさんから聞きましたが、今まで対戦したマックの中で一番強かったと言ってたようです。嬉しい。
 
 
 
 
 
勝者側3回戦 まっつん クラウド ×〇×
 
自分にとってかなり考え深い対決でした。同じ九州勢である彼とはそこそこ対戦経験がありましたが、大会本選の場で当たるのは初めてでした。
試合前にまっつんくんから台上ガン待ち宣言をされました。そりゃそうするよなと思った。
九州勢が見守る中、試合が開始されました。
 
一戦目、何のステージが選ばれたかも忘れた。負けた。
 
二戦目、終点を拒否されたので、終点の次にマックが活躍できるステージだと考えているライラットクルーズを選択しました。少し余裕を持った勝利だったはず。
 
そして三戦目、ステージはすま村。正直この試合の印象が残りすぎて、一,二戦目のこと忘れた。
三戦目開始直後、まっつんクラウドが台上でリミットチャージをし始めました。対マックで一番正しい判断。
台上から引きずり降ろし、横スマを当ててストックを先行。少し%を溜めることが出来ましたが、バーストされました。
2ストック目、まっつんクラウドが優勢な中、KOゲージが溜まりました。すぐさま台上に移動され、読み合いになりました。
KOゲージが溜まってから、45秒~1分は睨みあってました。
ここだと思い、二段ジャンプで台に乗りKOアッパーを放ちました。しかし、まっつんクラウドしっかりと横回避をしており、避けられました。
この時、周りで自分の試合を見ていた人達が驚き悲鳴の声があがったのは印象的でした。
その後、中々%を溜めることが出来ず、敗北。しっかりと握手しました。
 
まっつんくんから「寒い戦法しちゃって、ごめんね。」と言われましたが、自分は特に寒い戦法に対して悪く思ってません。
「勝つ為の戦法」をしてもらいたいし、ましてやその戦法を「寒い」だなんて思わず、自分の戦法を信じてほしいです。
”如何に台上の相手を崩すのか?”はマックを使うにおいて向き合わなければならない最大の問題で、マック使いの宿命です。
崩せなかった、KOを当てれなかったから負けただけであって、戦法のせいにするつもりは更々無いです。
悔いの無い試合でした。
 
なんちゃんも言ってましたが、大会の場だから出来る緊張感のある試合の面白さは良いものですね。
 
 
 
 
 
敗者側に回りました。
トナメ表を見ると隣にあの「にえとの」さんが!!!是非対戦したいと思い、次の試合は勝つつもりでいました。
しかし・・・
 
 
 
 
敗者側4回戦 MASA ネス   ファルコ   〇××
 
負けてしまいました。色々と悔いの残る試合でした。
MASAさんはネス使いとして名を聞いてましたが、なんちゃんからマックにファルコ当ててくるかもと言われ、事前にキャラを知ることができました。
一戦目、マックを見せたらMASAさんが少し悩んだ後、ネスを選択。対ネスは自信があったので難なく勝てました。
 
二戦目、すぐさまMASAさんがファルコにキャラをチェンジ。ファルコはぴかぞのさん以外に負けたくないと思い試合に臨みました。
お互い五分五分の展開になりつつも、バーストされました。
 
三戦目、かなり反省すべき試合でした。ぴかぞのさん以外のファルコに負けたくない、にえとのさんとの勝負権がかかった試合、ここで負ければ終わる等など、考えすぎて緊張してましたね。
そのせいか試合に集中できず、開幕30秒で1ストック落としてしまいました。その後も空N空前で運ばれてバースト。負けました。
 
ただただ悔しかった。何よりにえとのさんとの勝負権を失ったのが悲しかった。対ファルコを考えなければならないなと思わされた試合でした。
 
 
 
Best96でした。去年のハイパースマバトは予選ルールは違えど、予選1位で抜けてBest48でした。
ルールも実力の規模も何もかも違うので、比較対象にするのはおかしいとは思いますが、去年の半分下の結果に・・・
悔しかったです。
 
 
 
少し悔しさを噛み締めた後、チームイベントに参加しました。
相方は「やみなべ」さん。マック使いでスマメイトランカーでお馴染みですね。
マック使いと組んだので、勿論ダブルマックで荒らしていくつもりで挑みました。
 
トナメ表を見ると「ふわあーす対なんちゃんラブゴリラ」
絶対(なんちゃんの反応が)面白いカードがありましたが、早速呼ばれたので観れず…残念。
 
結果(敬称略)
 
 
 
1回戦 のーらっくなんでやねん ロックマンカムイ 〇〇
 
チームに向いてるキャラ達との試合でした。
キャラ相性も悪い方ですが、勝てました。
ダブルマック特有の判定とアーマーのゴリ押し、足の速さによる救出などに、慣れていなかったように感じました。
まあダブルマックの相手する機会なんてそうそう無いから、慣れてる方がおかしいですね。
 
 
2回戦 ジェスるどり ロボットガノン 〇〇
 
自分の苦手な2キャラが相手でした。
擬似タイでガノンと相手してるときヒヤヒヤしてました。崖上にいるガノンとの読み合いに負けたら確実にバーストするので、崖を掴んだら意識して相手の動きを見るようにしました。それが幸をそうしたのか、ガノン相手にはバーストされませんでした。
 
中々ダブルマックが通用するのでノリノリだったのですが、3回戦の相手を見て少し冷静になりました。
 
 
 
3回戦 Akiエッジ クラウドシーク ×〇×
 
名前だけ見ても絶対強いチームと激突しました。
 
ステージ選択は絶対に終点かライラットを残したかったのですが、じゃんけんに負けてしまい、
そちらの得意なステージは知ってるぞと言わんばかりに終点ライラットを拒否されました。
一戦目、選ばれたのは…どこだったっけ…
両者1ストックまで減らすことは出来ましたが、負けてしまいました。
 
二戦目、何故か終点を拒否されず、終点を選ぶことが出来ました。
少し危なげない試合でしたが、終点でのマックはやはり強く、2対1の状況に出来ました。
しかし、Akiクラウドの粘りが強く、いつバーストされてもおかしくなかったです。
復帰を見て慌てずに横スマを合わせ、勝つことが出来ました。
このチームにダブルマックで1本取れたことがとても嬉しいです。
 
三戦目、もちろんダックハントを拒否しました。ここ拒否しないと負ける。
選ばれたのは戦場。少し辛いですが、村と街やすま村に比べたら遥かにマシです。
この試合では焦りによるプレイミスが多く見られました。中々エッジシークの守りを崩せず、焦ってました。そのせいで自分が先にストックを失ってしまい、やみなべさんに託すことに。
1対2の状況から逆転することを祈ってましたが、そう甘くなかった…3回戦で敗退。
 
 
やみなべさんに頼り切ってました・・・もうすこしストックを保持することが出来れば勝ってたかもしれない。
少し悔しいですが、ダブルマックの可能性が見い出せて満足しました。やみなべさんもそう言ってくれたので嬉しかったです。
 
 
 
 
チームが終わった後、20時までフリーをしました。
といっても、身内勢で3ストックアイテムあり乱闘を延々とやってたんですけどね。
ソプモさんがMiiファイター選んでたら、その中に
「ゲームはかいしん」と名前が付けられたナチュレの服を着たMiiが出てきてくっそ笑ってました。
他に「~子」とか何やらオカマ勢が名付けたようなMiiファイターがあったから、あのWiiUはオカマ勢の誰かの物だったのかも。
 
乱闘に夢中で15分ぐらい遅れてしまい、急いで指定の駅に向かいました。
29日からはリーマ宅ではなく、胡麻麦茶さんのお宅に泊まらせてもらいました。
去年も胡麻麦茶宅に泊まらせてもらい、今年もお世話になりました。
 

21時5分に着いて胡麻麦茶さんに会いました。
遅れてしまってやばさを感じてましたが、連絡内容をよくみたら21時””ではなく21時"から"だったので、
もっとゆっくり行けばよかったなと電車の中で思いました。
去年の胡麻麦茶宅が忘れられなかったのか、宅までの道を歩いててつい口から「懐かしい」と言葉が漏れました。

胡麻麦茶宅に着いても自分一人だけ早く来てしまったので、他のメンバーから連絡が来るまで胡麻麦茶さんとフリーしました。
しばらくしたら「るつはき」さんや「rett」さんが来たので、お二方ともフリーをしました。
フリーを延々とした後、大部屋に戻ったら沢山人が来てました。ハヤト。さんも胡麻麦茶宅に来てて、四日間も一緒にいました。
人が多くて、挨拶できなかった人もいて申し訳なかった。
 
一人ずつシャワーを浴びる時間になり、待ち時間は「お邪魔者」というボードゲームをやりました。これがとても面白く、コミュニケーションツールとしても優秀だった。
ルールは簡単。金鉱堀とお邪魔者の二つの役職に分かれ、
金鉱堀はカードを使って道を作り、3枚の内1枚だけあるを目指す(他2枚は石+道)。どれが金なのかをカードを使って1枚見ることも可能です。
お邪魔者はカードを使って道を塞いだり、道カードを置く権利を破壊したりして、金鉱堀が諦めるまで妨害し続ける。
手札が全員0枚になるまでやります。
役職は自分しか見れず、口で伝えるしかありません。ゲーム性もよく出来ており、どちらも1:1の割合で勝ちます。
 
スマブラしてないのにこのゲームで色んな人と一気に仲良くなれました。
つーさんを初めとして、お邪魔者側が妨害に成功したとき「ウィ~~~~~wwwww」と言いながら手をワキワキさせたり、
石のことを誰かがキャビアといい始めたりして、毎ゲームずっと面白いことばっかでとても良い時間でした。
 
気づいたら深夜2時。さすがにマズイと思い、就寝準備をして寝ました。
 
 
 
 
 
前半はここまで。2日目以降は後半にまとめました。
是非続けて後半も読んでください。