読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶します

書き残しておきたいことを書きます。

スマバト for THE BIG HOUSE レポート 後半

7月30,31日に開催された「スマバト for THE BIG HOUSE」のレポートです。
長くなったので前半と後半にレポートを分けました。
こちらは後半です。
 
 
7月31日(日)
 
8時ぐらいに目が覚め、身支度をした後しばらく胡麻麦茶宅でくつろぎ、メンバー全員で会場を目指して出発しました。
9時半ぐらいに会場に着きました。ベスト32以内に入れなかったので、サイドトーナメントに参加しました。

サイドトーナメント結果(敬称略)
 
 
0回戦 ほぉりぃ 〇×〇 ゲッコウガ
初日に初めてフリーした相手と、まさかこんなところで当たるとは思っていなかったです。
1戦目、難なく勝てました。
2戦目、復帰阻止にやられました。ここらへんで緊張し始めています。
3戦目、正直負けるかと思いました。
高%時に着地狩りの空後が刺さり、負けたと思いましたが、ベク変としっかりしてたおかげでバーストせず、横Bで復帰。心臓がドキドキしてました。
辛抱強くバースト拒否をしてチャンスを掴み、勝利しました。かなり熱い試合で今回のスマバトで一番緊張した試合でした。
握手しましたが、試合内容が良すぎてハグしそうになりました。
 
 
 
1回戦 ルリ ×× ロゼッタ&チコ
思い出したくもないほど酷い試合だった。何もかも上手くいかなかった。
ルリさんとは去年のハイパースマバトで勝者側2回戦で対決しており、ギリギリまで粘って1-2で負けました。
そのリベンジの機会だったのですが・・・
1戦目、終点を選択。しかし、何も通じなかった。試合が終わった後にルリさんから「あの試合は噛み合ってた」と言われました。
 
2戦目、何を血迷ったかカムイを選択しました。ただロゼチコに対して有利とれるという理由で選んだんだと思います。経験を積んでないくせに。
ボロボロにされて負けました。試合前にカムイ選んで「負けた・・・」と呟いてたルリさんから試合後「マックのほうが辛かった」と言われる始末。

自分が発売当時から使ってるキャラを信じれず、経験をほとんど積めてないキャラを、有利だと思って使って大会の場で負ける。
去年より戦績が悪くてしかも負ける・・・一年間でルリさんを上回れなかった・・・
一番やってはいけないことをやってしまいました。思い出して書いてる今も、足辺りの血が引いてる感覚が続いてます。恥ずかしかった。悲しかった。
 
試合が終わった後、トイレで少し泣きました。涙がちょっと出るぐらいだったけど、色々な思いが詰まって泣くのは久しぶりでした。
落ち込んでてにえとのさんとぱるさんの試合見逃しました。
 
 
まあ見ての通り、サイドトーナメントの結果はかなり悪かったです。
 
今回の大会の反省として、

・負けを感じるとプレッシャーを感じて余裕がなくなること
・キャラ対策が出来ているキャラ、出来ていないキャラの戦いやすさの差が激しいので、
 これからはキャラ対策を文字に書き起こすこと
・空中回避が多く、癖になっていること
・投げから確定してないにも関わらず、回避をしてしまい、痛い一撃を貰う。
 なので、他キャラの確定コンボを把握すること
・カムイを当てるキャラを決めること
・大会の場で相手の実力が高い場合はカムイを使わず、マックで挑むこと
・操作ミスが目立ったので、トレモで操作精度を上げること
 
などが上げれました。大会の反省を箇条書きに書き起こすのは初めてです。
こんなに沢山反省点が上がったということは、まだまだ強くなれる余地があるということですね。
キャラ対策も今まで文字に書いてメモしたことがなかったのに、
一部キャラ対はばっちりだから、書き起こすようになればさらに理解が深まり、強くなれますね。
 
 
 
落ち込んだ後はフリーしてました。スクリーンで映されてる試合を見てもよかったと思いますが、ガッツリフリーするのも良いですね。
ゆーまんさんに対マック教えながらフリーしたり、ふわさんきしゃさんと負け抜けフリーしたりして、良い経験になりました。
ふと進行中の試合観てみたらtaranitoソプモ戦の衝撃的な閉幕シーンが見れました。
何があったのかは動画で。最初から観れなかったので動画化が楽しみです。
 
 
しゅーとん古森霧のカードが始まる前にフリーを終えました。同じ九州勢として応援しました。
さらにはまっつんくんのお母さんが会場に入って、このカードの試合を観にきました。まっつんくんのお母さんはやはり凄い人。
 
しゅーとんさんにはマジで優勝してほしかったです。しゅーとんさんがやられたり、巻き返したときはもの凄い大きな声で叫んでました。
リミブレ凶斬りを確実に受身をとったり、連続で崖受身をとったり、火力の取り方が上手かったりと、しゅーとんさんの実力が光るプレイが多かったですが、古森霧さんが圧倒的な実力を見せ付けて優勝。観てるこっちが悔しかった。
次、しゅーとんさんが遠征することがあれば、今度こそしゅーとんさんが優勝すると思ってます。
 


本戦が終わり、クルーバトルが始まりました。
関西vsその他連合で行われました。その他連合のメンバーはしゅーとんさんが決めることに。
もちろん出たかったのですが、関西もその他連合もガチガチのメンバーで、出るのを躊躇いました。
 
つまさんと一緒に観てました。ikepHIKARUのカードが一番面白かった。
真剣勝負なのに凄い笑ってしまった。リフ空上喰らってるときのikepさんの反応が面白すぎた。
ikepHIKARUの会場の様子
しゅーとんさんが古森霧さんに3スト同士の状態からリベンジを果たしてて凄いと思った。
 
 
クルーバトルも終わり、粗方やりたい人とフリー出来たので後は挨拶をして回りました。
時間になり、名残惜しくも会場を後にしました。
 
 
 
 
胡麻麦茶宅メンバーでラーメン屋に行きました。
taranitoさんの金状況がやばかったので、つーさんshkyさんハヤト。さん自分で合計1100円おごりました。
つーさんハヤト。さんshkyさん合計で1000円、自分が100円あげました。
ここのラーメンもとても美味しかったです。店の名前忘れちゃいましたが・・・大阪のラーメン美味い所ばかりですね。
 
 
帰ってきたら、銭湯に行った人達が帰ってくるまでかっぱまきさんとフリーをしました。良い経験になりました。
銭湯組が帰ってきたので、早速お邪魔者をやり始めました。深夜3時までやってました。
ハヤト。さんとコンボを決めて完封したの気持ちよすぎたり、しゅーひとさんがルール理解までかなり時間かかったのが面白かったり、
マジで色々あった。
3時半には就寝しました。
 
 
 
 
 
 
 
8月1日(月)
 
ついに大阪を離れる日がやってきました。
10時までじっくり寝た後、自分より先に胡麻麦茶宅から離れる人に挨拶しました。
自分は13時に出る予定にしたので、12時から13時まで胡麻麦茶さんとフリーしました。今回の遠征でのラスト対戦でした。
 
3日間お世話になった胡麻麦茶宅を離れ、とりあえず大阪駅にやってきました。
お土産を沢山買おうと思ったら、会計途中で電車代が足りなくなることが判明し、一部取り消してもらいました。
バッグにお土産が入るようなスペースもなく、荷物がいっぱいいっぱいの中、フェリー乗り場まで向かいました。
 
初めてフェリーを利用するので、不安だったのですが何とか乗れました。
初めて見る船上からの景色は綺麗でした。あと風が強かった。感動した。

f:id:hitomozisa:20160813215439j:plain

フェリーからの景色。海から見る景色は普段見る景色と違ってて、面白かった。

 
 
でも感動してる場合じゃなかった。スマホの充電が残り少なく、明日まで持つか分からなかった。
自分は充電器ではなく、モバイルバッテリーのみで凌いでいたのですが、モバイルバッテリーの充電もなくなり、命わずかでした。
フェリー内の充電サービスも充電コネクタが対応してない始末・・・仕方なくテレビを見て夜を過ごしました。
テレビではNISHIKORIがテニス決勝戦に出ていました。
久しぶりにスポーツ観戦してましたが、かなり入り込んでしまい、決着の瞬間では口を大きく開いて驚きました。
追い込まれたとき、流れが来ているときなどの緊迫感は、スマブラの試合観戦してるときと同じ感覚でした。
スマブラのおかげでスポーツ観戦の面白さを知れた。
 
薬を飲んですぐに寝ました。
 
 
 
 
 
8月2日(火)
 
九州に帰ってきました。到着直前の5時20分に目覚め、急いで身支度をしました。
無料シャトルバスも即刻乗りました。無料のタイミングを逃すと帰れなくなるほど、お金がありませんでした。
 
スマホの充電はほぼ残ってなかったので、バスや電車からの景色を楽しみつつ、無事に地元まで戻ってきました。
家に帰ってくると母さんが元気よく迎えてくれました。ありがとう。
 
 
 
 
 
 
というわけで無事に帰れました。
 
大満足のスマバト遠征でした!
今回の結果を真摯に受け止め、9月にある修羅ブラに向けて頑張ろうと思います。
 
スマバト運営の方々、泊まらせてくださったリーマさん胡麻麦茶さん、スマバト会場で会った方々対戦してくださった方々、
本当にありがとうございました!
また来年、あの会場で会いましょう!
 
 
 
 
パソコン持ってる人はこのフリーゲームやろう!隠れた名作!
 
 
 
 
ここまで読んでくださりありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
スマバトTHE BIG HOUSEレポート
      ~完~